« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

河口湖で出会ったお店

どうも、べっきーです。

先週の土日は、河口湖にサンバ団体の合宿に行ってきました。

例のごとく大した準備もせず、楽器があればいいか、と家を出たのだけれど、
河口湖駅に着くとどうも涼しい。というか、肌寒い。

Tシャツしか持ってなかったので、どうしようもないなあと思っていたのだけれど、
乗り継ぎのバスまで1時間もあったので、近くの服屋をウロウロして探すことに。

そこで見つけたのが、STEELOさん。
こんな言い方は失礼だけれど、まさか河口湖でこんな素敵なお店に出会えるとは思いませんでした、
ドゥアラットのカーディガンを買いました。

お店のかた曰く、「地元にこういう店がなかったから自分で始めた」そう。格好いいです。

ちゃっかり、STEELOさんのブログにも載せてもらいました。笑
http://steelo05.exblog.jp/

旅は出会いですね。
ではまた!

(べっきー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

Who is He??

Three

この写真で、真ん中に映っている人物、彼は何者?
Who is this man in the middle between Kenta(Left) and Salesi(right)

彼は、我々のマネージャーか!?→否
Is he our Manager??→No

彼はサッカー日本代表スーパースター、遠藤保仁選手のそっくりさんか!?→部分的正解
Is he a look a like of Japanese Futebol Superstar Yasuhito Endo!?→Partially correct.

じゃあ一体、彼は何者なんだ・・・!?
But then, who is he...??

ドキドキ
Doki! Doki!

彼は・・・・
He is ・・・

Grupo Y-noのレコーディングエンジニア、小!野!寺!氏です。
(勝手に名前編集してすみません。。。)
He is our Super Recording Engineer, Mr. Onodera!!

我々の第1作「Nao tem a vontade de perder」以来の付き合いになります。
He has been working with us since our 1st single 「Nao tem a vontade de perder」

Y-noはJ☆Sambaということで、でもメンバーは割と自由だから、笑、レコーディングのときもとにかくたくさん詰めてくる!いきなり、パターン変えたりおかず加えたり、試行錯誤してどつぼにはまったり。。。そんな悩める人間7人+スーパーMCいとぅの8人分の音を、見事にMixしてアレンジして、我々に提供してくれるのです。まさに、必殺仕事人。

Grupo Y-no+"Super MC Etu"(←he is our support member. Our "ultimate weapon". Just like "Ichiro" or "Shunsuke Nakamura") try so many things while we record and sometimes create havoc, but Mr. Onodera always answers back with the finest mixing technology and fulfills our needs. He is "our guy".

今回、ビールジャパンのレコーディングが完成し、そしてその他諸々のお祝いで小野寺氏と安安で打ち上げをしました。ついに、レコーディングエンジニアと打ち上げ。ふは!バンドですな!

Finally we have finished recording Beer Japan or Chope Japan!! So Grupo Y-no and Mr. Onodera went out and ate Yakiniku at AnAn. Oh, we have come this far!!

直線、今年の夏も、熱くしたいです!!
Summer is just around the corner and it is going to be fun!!

Go!
そしてサッカー日本代表もGo! Go!Japanese Futebol team!!

(たなかゆうじ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

This place is the beginning.

     Boa noite!!
I'm itú a support member of Grupo Y-no.
(I play Repique de mão & Teclado)
Thank you for watching our videos,writing comments and sending e-mail.

Now,「Querido meu amor」is watched about 325,000times・・・!!
It is very honor to our members,thank you,Obrigado!!

Now,members work hard to ready for sending our songs to world,
so please wait for watching our column・・・.

☆I answer questions from E-mail.

1.Can you speak Portuguese All of members ?

→No,almost all of members can't speak Portuguese,sorry(T_T)
    So,it is difficult for us to respond to many massages・・・.

2.I want your 1st and 2nd CDs.

→Thank you read old diary of this HP!!(>_<)/
   But,now we can't send old CDs,sorry(ToT)
   So,please wait our preparation,and watch videos & pictures.

By the way,we have important place.
It is the underground practice room in university where our members belonged to.

Nec_0852 ・Our first practice

Nec_0853 ・Salesi & Taro san

Nec_0855 ・Bekky & me

Nec_0854 ・Yuji kun & 134 san

Nec_0829  ・and Kenta met ,「Querido meu amor」!!w

Nec_0005 ・At same place,in this spring,new many students joined samba club where now MAX belong to.(Thank for Paola,Kai and Suwa-chan♪)

Now,many people practice & enjoy samba in this place,so please wait our next message.
ありがとう,Thank you,and,Obrigado!!(^_^)/

itú of Grupo Y-no

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

僕に衝撃を与えた音楽

そう、それが、JamiroquaiのVirtual Insanityだったんです。

多分、ラジオで聴いたか、MTVで見たかだと思うけど、初めて聴いたときにから頭に残っていて、うわー何これこの曲、超いいじゃない!!

って思ったんですよ。衝撃だった。初めて、この曲は、誰が歌っているんだろう?どういう曲なんだろう??って、興味を抱いたのです。

サビの部分を歌いたい何度も聴きたい!!という強い要望を抱きました。多分、僕は小学校5年生くらいだったと思う。

それから、いろんな音楽を聴いてきたけど、まだまだ未知な世界がたくさんあるはずなんです。先週のLuaLuaLuaのイベントで、岩原大輔さんのユニットで、アフリカのジャンベと歌が融合していたのにはビックリ&安堵しました。というのも、「だよな、あんなに楽器叩いていて、声を出さずにはいられないよな!!」って、やはり人は興奮すると声が出ちゃうっていう僕の持論は正しかった~って妙な満足感を得ました。

これからも自分のペースで、聴いていって、その都度で自分が「あ~いいな~これ♪」って思える曲を見つけていきたい。そうすることで、どんどん好きになっていけると思うし、今までもそうでした。

めぐりあわせの部分は多いと思うけど。

大学を卒業して、社会人になってから、リアルタイムで活躍している人たちの音楽を好きになって聴く機会が増えて、ライブも行ったりテレビで見たりするようになってきて、これは楽しい♪

高校の時は部活に入っていて、ジャズのビックバンドの部活だったから、ジャズのビックバンドを曲を聴かなくてはいけないなーって思っていた部分はあったんだよね。それはそれで大事だけどね。でも、どこか、クリックしなかったというか、パスがつながらなかったというか、ストライクゾーンを外れてしまったというか、クォーターバックがタックルを喰らってしまったというか、くどいな(笑)

いや、でも僕のおじさんが昔ジャズマンで、昔在籍していたビッグバンドで出したCDはよく聴いています。何人ものブラス、そして、リズム隊でアンサンブルと個々の自由なプレイが共存しているって、やっぱりすげーなこりゃ偉大や!って思う。

やはり、各ジャンルでしっかり確立されていて、ハイレベルの技・センスが繰り広げられている。

人には人の乳酸菌というように、人には人の、好みの音楽ってやつですね。

話を戻すと笑、僕は大学のサークルの中南研で、サンバ・パゴージは最初から好きだったわけでなくて、楽器を上手くなりたい!その為には、CDと同じプレイができればいい!って考えてとにかく聴いて練習していたら、これまためぐりあわせがあって、どんどん自分の中でヒットが生まれていって、最終的に大好きになっていた。

何が言いたいのか??うーん、CMで久々に聴いたJamiroquaiのVirtual Insanityに触発されて、これを書きたくなったんです。

私は90年代中間~後半のアメリカポップス時代にいろいろ影響受けたので、Jewelが好きだったりするわけで。。。特にYou Were Meant for Meがかなり好き。あと、Beastie BoysのIntergalacticとか。歌詞さっぱり意味不明だけど(笑)

で、まとめると、サンバももっともっと聴いて勉強だ~!Go!!

そして、ワールドカップ!!

見ていてオモシロイですね!!世界のトップ選手たちがガチンコでぶつかりあっているプレイは、やっぱりテンポが違う。早い。

ええ!そこにパスが通るんですか!?ってびっくりする。シュートもちゃんと枠内に飛んでいくもんね。攻防から目が離せない。

日本も、日本魂で突破して、シュートのシャワーを相手に浴びせて、ゴールを奪ってほしいですね!僕は応援します!!

写真は最近好きなオレンジジュース。

Orange_4   

ワールドカップ日本代表戦も、これを飲みながら見よう!!

Go!! Y-noもGo!!

(たなかゆうじ@日曜日の夜マイルームにて)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

Festa Junina !!


2dsc_0792
2dsc_0698 2dsc_0705 2dsc_0718
2dsc_0709 2dsc_0813 2dsc_0742
2dsc_0752 2dsc_0838 2dsc_0776
2dsc_0740_2 2dsc_0803 2dsc_0732
2dsc_0733 2dsc_0737 2dsc_0864
2dsc_0830_2 2dsc_0879 2dsc_0887

風邪ひいてませんか?134です。

Festa Junina 2010 @麻布十番WAREHOUSE702
ありがとうございました!!

いつもはライブハウスをメインに出演しておりますもので、
こういったクラブを舞台にしたイベントは新鮮でした。

当日は朝からみんなご機嫌です☆
ウォーミングアップだー、とか言っていつもの四ツ谷に集合。

麻布十番なんて、またオシャレな街(少なくとも僕はあんまり行く用事がない。。)に
Grupo Y-noがやってきました。

割と手作り感満載でアットホームなイベントの雰囲気。
準備もみんなでやりながらリハーサルが進行していきます。
みんなでなんだか風船ふくらませたり。
イーノのメンバーはいつだって童心を忘れません。

おなかがすいたらフレッシュネスバーガー。
ウチのたなかゆうじ(Banjo担当)はハンバーガーがホントに似合う。

さあ、イベントスタート!!

ゲストDJのzakiさんやGouさんのハイセンスプレイがフロアをアゲていくわけです。

今回の主催者のダンス集団LuaLuaLuaのレビューがスタート。
モダンあり、サンバあり、いろいろあり。
よく考えられた内容で、すっかり見入ってしまいました。
すごかった。。

その後は、スペシャルゲスト「球舞」のパフォーマンス☆
「ボールと友達になれ」とはよく言ったもので、まさにそれを体現してるチームだったなー。
これからも世界を沸かして欲しいです。
僕、リフティング5回くらいできるよー

そして!我々Grupo Y-noの出番!!

既にフロアにはお客さんがいっぱい☆
初めて観てくれるお客さんがほとんどだと思うけど。
1曲目の「野生!」から一気にヒートアップ!!(僕が)
メンバーもかなり楽しんで演奏しているのが伝わってきました。

リアレンジした「ビールジャパン!」もようやく板に付いてきたかなー
みんなビール片手に盛り上がってくれたよねー
Voオーノの渾身のアクションとかね。ほんと最高。

いまだにブラジルで盛り上がってる「Querido meu amor」は、
ポルトガル語詞ってのもあって、日本の人にはなかなか伝わりにくいかなー
でも良い歌詞なんだよ、切なくて。たぶん。

だんだんおなじみ(?)になってきた今のトコ新曲扱い「リアル」。
この時、正直あんまり覚えてない。。アタマ振りすぎたんだろうな。
静と動、歌詞の内容も哲学的で個人的にはかなり好きな一品。
いずれスタジオ版でRECしたいです。

続く「Cidade do samba」ではバツカーダに切り替わった瞬間、会場が再沸騰☆
ベースのサレジなんてベース置いてステージを駆けずり回り、
スルドのマックスは会場のみんなからも「MAX !! MAX !!」って盛り上げてもらってたもんね。
ヤマガタロウ(ドラム)とベッキー(パンデイロ)はずいぶんタイトにやりつつも
負けじとアピールしてたのが印象的でした。
そういえば、ウチのメンバーみんな負けず嫌いだったね。。
あれ、イトゥさん?
今回キーボードとヘピーキヂマォンで全曲サポートしてくれてます。
サポートメンバーのくせに、イーノの屋台骨みたいになってきてますね。
いつもありがとう。

あっという間の時間、最後は「恋してもY-no?」でシメ☆
僕自身ラップやってるとき、すげー気持ちよかったし、
イーノ初体験のみんなが「イーノ!!」って歌い返してくれるのは本当に幸せ。
ハンパねぇ。

演奏終了後、
「・・・イーノ、イーノ、イーノ!、イーノ!!」

っていう、盛大なイーノコールをいただきながらも、後ろ髪ひかれつつステージを降りました。

さて。
飲みますよーッ!!!

2番手Daisuke Iwahara Unitのアフリカンスタイルにトランス状態でビールを飲む。
岩原さんのジャンベに激しい踊りで応える娘を煽りながら、ビールを飲む。
いやね、イケメンなんですよ。岩原さんは。
強く優しく面白い、そんなアーティスト。リズムが好きな人は要チェックです。
ちなみに彼の名刺の素材は破れたジャンベの皮。クール!!

そして、トリを飾るのは盟友mocidade vagabunda bateria nota 1000!!
通称「ノタミウ」。
4月に1stマキシをリリースして、各地でインストアライブとかもやって、
我がGrupo Y-noに最高の刺激を間近で与えてくれるユニットなんです。

実は今日が初共演。

ウチのメンバーはなぜかよくノタミウの歌を歌う。
当然ライブは他のお客さんに混じって狂喜乱舞する。

なんか、良い光景だなーって。

ノタミウのフロントマンCamaciさんは僕らの学生時代の先輩でもあるし、
このまま前照らしていって欲しいなーって。
それに、今回改めて交流できてホント良かったよ。

ということで、そのまま盛大な打ち上げ。
僕は久しぶりに飲酒らしい飲酒をしました。

誘ってくれたLuaLuaLuaのみなさん、スタッフ関係者のみなさん、共演者のみなさん、来てくれたみなさん。
そして、いつもだけどメンバーのみんな。
お疲れ様でした。
ありがとうございました。

また、夏に向けて盛り上げていきましょう!!

(134@そろそろ数字表記をやめようかと思っている)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »