« 母の日は青山でがむしゃら~熱くなれ!! | トップページ | イーノのゴールデンウィークの過ごしかた »

2010年5月11日 (火)

膨大な時間VS30分

2p1060830
2dscn0261 2dscn0263 2p1060831

お疲れ様です!!たなかゆうじです!

Y-noは5月9日(日)の母の日に、
青山の月見ル君想フというライブハウスで、
「お月見CAFÉ」というイベントに出演しました!!

共演者が山口敦子さんとKocootoさん。
芯の通った、幻想的、でも優しい音が素敵でした。

Y-noはその間に入って、
一曲目の「野生!!」からフルスロットルで大回転、
多少のハプニングもなんのその、
これが、Y-noのサンバです!!
という元気いっぱいの演奏ができたと思います。

今回のライブを終えて僕が改めて思ったこと。
それは、決められた時間の枠の中で
どのような演奏をするか。
お客さんがより入り込める演奏をする為に、
僕たちは何をする必要があるのか。

毎日が24時間で、昨日・今日・明日って、どんどん積み重なっていく中で、
我々のライブは毎回だいたい30~40分。
膨大な時間が「ごおぉぉぉ!」って流れていく中で、
我々の時間は本当に一瞬で終わるのです。

僕も演奏していて、一曲目の「野生!!」のイントロが始まったと思うと、
気づいたら、すぐに3曲目とか、4曲目になっている。
ライブって流れていくものなんだな~って、改めて感じます。

ステージの上では、
目の前にお客さんがいて、隣・後ろにはメンバーがいて、
その中で僕も演奏しているのですが
6曲もやってると必ず、
皆の演奏の息が合って、しっかりとお客さんに届いてるな!
って実感する時、
「あっ!今、何かが起きたな」
っていう瞬間があると思うんです。

それをメンバーで共有して、
「おし、ノって来たね~さあ、ぶちかまそうぜ!!」
って、流れを掴んで、
お客さんと共有して、
最後に「バン!!」って締められる演奏。
限られた時間の中でそれが出来たらいいと思います。

その為には、もっともっと練習をして、
技術を積んで、呼吸を合わせて、
バンド(即ち結束)の塊とならなくては。。。

忙しい毎日の中で時間を作って、
Y-noのライブを見に来てくれているお客さんがいる。
これは本当にありがたいことです!最高です。

次は、6月5日(土)にライブをやりますので
今回書いたことを、実現するチャンスがあります。

あと一カ月、さらに修行だ。。。

より良くしたい!!!

頑張ります

たなかゆうじ

(追伸:kocooto sayaさん、写真をくださりありがとうございました!)

|

« 母の日は青山でがむしゃら~熱くなれ!! | トップページ | イーノのゴールデンウィークの過ごしかた »

Live information」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448800/34627222

この記事へのトラックバック一覧です: 膨大な時間VS30分:

« 母の日は青山でがむしゃら~熱くなれ!! | トップページ | イーノのゴールデンウィークの過ごしかた »