« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年7月

2009年7月29日 (水)

7/18 bogalooライブ音源アップ!

1dscn9492

去る7/18に行われたbogalooでのライブ音源をいくつかアップします!
(ファイル容量のせいで音質かなり悪めです。すみません)

●ビールジャパン!

●ごめん

●野生!

●Y・N・Oのテーマ

YNO時代から引き続き、イーノのライブの雰囲気はいつもこんな感じです。
とにかく楽しんだもん勝ち。happy02
この前のライブもお客さんと一緒にすごい楽しめて、本当に幸せでした。ヽ(´▽`)/
音源から雰囲気が伝われば幸いです。

今後も精力的にライブをやっていきますので
ぜひぜひ皆さん気楽に遊びに来てくださ~いm(_ _)m

サンバは元気が出る音楽なので!(◎´∀`)ノ

あ~

はやく次のライブやりたい~

またこまめにライブ情報お知らせしますね。

(オーノ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

好きな話のひとつでもしねえと

このタイトルは我々のセカンドシングル「ごめん」の一曲目、「ビールジャパン!」のイントロのラップに含まれている歌詞であります。

とか思っていたら!なんと!「陽気な話のひとつでもしねえと」でした!!今歌詞を確認しました。完全に好きな~だと勘違いしていたことに、今、まさにこの瞬間、この一文字一文字を打ち込んでいる瞬間に気づいてしまった。

うぴー

「好きな話のひとつでもしねえと」をタイトルに、好きな話をしようと思っていたから、引き続きこのタイトルで書きます!

好きな話。さて、僕は餃子好きです。いいよねーおいしいよねー餃子。いろんな時代があるわけです。そばの時代だったり、みそラーメンの時代だったり、餃子の時代だったり。その中で今、この瞬間、北京オリンピックから次のバンクーバーオリンピックまでの時間はおそらく田中君の中では餃子およびそういう系統の食べ物の時代でしょう。

Gyoza

バンクーバーオリンピック。バンクーバーはカナダにあります。実は一回だけ、行ったことがあるんですよ僕、Vancouver, Canadaへ。ワシントン州のシアトルを経由して、行きました。バンクーバーの記憶はないんだよなーこれが。唯一ある記憶がシアトルの空港で乗り継ぎの飛行機の出発時間まであまり時間がないのにも関わらず田中一家はレストランに入ってしまい、やべー早くご飯が出てこないと飛行機に間に合わない!って焦った記憶です。そして、シアトルは曇っていた気がする。

シアトルといえばスーパーソニックスでしょう。まだあるのかな。

ちなみにバンクーバーといえばバンクーバーカナックスですよ!カナックとはアメリカインディアン言語でシャチ、だった気がする。カナックスの夢は叶うのでしょうか、なんちゃって。

しかし、サンノゼシャークスファンである私にとってカナックスの夢が叶うというのは、これは困ることでして、ええ。まあ、そこは、正々堂々カンファレンスファイナル当たりで対決してもらって、4-2でシャークス勝ってもらいたいです。4-2?もっと、4-0でスイープだーい!的な余裕をもって臨まないといけないんだろうな。09-10シーズンに期待です。

いやー、好きな話をさせてもらってます。

好きな話といえば、私は少し前、6月初期、Y-noがセカンドシングル「ごめん」のジャケット撮影を都内某所で行っていたとき、私は風の谷のナウシカにはまっていました。

図書館に置いてあるナウシカの巨大な上・下の下(まるで図鑑なみの大きさ)をジャケット撮影前に図書館に寄り、借りて、かばんに入れて、向いました。カバン重かったまじで。ヘビーでしたよ。ただ、天気はヘビーウェザーとは正反対の大快晴!素晴らしい天気の下でジャケット撮影ができました。

そしてナウシカにはまっていた私、とあることで慌てて、テンパっていて「大海嘯が来るからやばいんすよ!」なんて言っていたら「はぁ??ナウシカか!?」とツッコミを入れられて、うお~っ!っと思いました。テンパる。テンピュール。子供のころ、まくらと言えばそば枕でした。あの、ストローが細かく切って詰まった枕。

アンパンマンのカバーだったような、もしくは温泉とかでもらえるタヌキが踊っているようなカバーだったような。真相はなぞに包まれたままなんですが。いつでもおまえが~♪ タヌキ合戦のエンディングの曲すんっごい好きです。

さて、僕はもうすぐ誕生日なんですよ。

今振り返ると、Y-noのメンバーの誕生日はわりと続いていくんですよ。毎月。誕生の連鎖。

Y-noはセカンドシングルを作ることができました。4曲入っています!おもしろい!いい!

皆さん、ビールジャパン!のオープニング、是非、チェックしてみてください!これは聴かないともったいないですよーモッタイナイ!

夏生まれのせいか、夏が好きな田中君。かといって、海に行きまくったり、昆虫採集しまくったり、野球をしたり、花火を見にいったり、夏を満喫する行為はあまりしない田中君。あーでも鳥と蝉の鳴き声が混じっているのっていいよね。ふとこういうときに聞こえてくるのがいいね。

7月の末に田中君の書き込みでした。July,ジュラ期。ジュラ紀の恐竜たちは、漫画「ジュラえもん」なんて読んでいたのでしょうかって読んでるわけねー。でも、最近新聞に載っていた全巻シリーズはちょっとそそられますよね。ウメ星デンカとか、読んだことないな。まだまだ甘いですね。勉強します!曲とか、歌詞とか、作れたらいい、って最後にこっそり忍ばせる。ええ、頑張ります!

7月末に、たなか君でした。

(たなかゆうじ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

Criatividade da Bogaloo!!

インスピレーション・クリエイティブ

そういう言葉に満ち溢れていたり、勝っているものってあると思う。

聖堂であったり、中南米研究会の部室であったり、四ッ谷音楽館であったり、竹内均が書いた新渡戸稲造の修養であったり。この人と喋っていると思ってもみなかった事が産まれてくる、それもそうだと思う。斎藤孝の書いた「スラムダンクな友情論」ってそんな話だった気がするんだが。

Bogalooってライブハウスは僕の創造性の家だなって思う。

言い方が極端だなって思うかもしれないけど、全然そんなつもりは無くて。バンドメンバーを見ていても思うんだけど、何か大きなパワーがこれからの一人一人を動かしていくのだろう。そんな感じがします。今のは極端だな!

思えば134のやっているErva Verdeというバンドに出逢ったのもここだった。

嘘抜きで、自分が欲しかったものに出逢えたなと思います。前からBogalooが好きだったけど、知れば知るほど素敵な空間なのかもしれない。

ライブに来た人は分かると思いますが、3バンド目のサラ・レクターさんが歌っていた「寝る前にブルース」。僕はあれが好きでしょうがない。

ライブの時に有名な曲をやるのは盛り上がるけど、やっぱり自分の曲にこそ、その人間が素直に表現されているんじゃないかと思う。そこにその人の個性とか、哲学とか、人生観とか。そういうのが一瞬でもいいから垣間見られる時、

おっしゃ~、むちゃくちゃ感動してんぞ、このやろー

とか俺は思ったりする。

言ってしまえば、歌詞だけでなく、曲にも音にもフレーズにもそういう類のものは表れてくるのだと思うけど。

「好きな人といていつも寝る前にしたい事は何ですか」って聞かれたら、俺はエッチがしたいと答える。何故なら、好きとか愛してるとかそんな素敵な言葉ですら、その行為には物足りないものであると思うから。でもさ、「寝る前にあなたの歌を歌う」ってあまりに素敵過ぎて、ショックだった。

サラさんが歌った「寝る前にブルース」という曲は、僕にそんな新しい世界を見せてくれました。

これで心して女性と付き合える。

素敵な女性が歌う素敵な曲が、素敵な素敵さを僕に伝えてくれて、僕はきっといつも寝る前に素敵な時間を過ごせるんだな。

レポート書かないと!

物事の順序が分からないといつまでも大人になれないぞ俺!

039_2

(自称最終兵器されじ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

LIVE @ Bogaloo ありがとうございました

1dscn9476 1dscn9477 1dscn9478
1dscn9479 1dscn9481 1dscn9482
1dscn9483 1dscn9489 1dscn9491
1dscn9492 1dscn9494 1dscn9496

昨日7月18日代々木ブーガルで行われたライブに沢山の方にお越し頂き本当にありがとうございました。キャプテンの友人に始まり、色々お世話になった先輩、後輩、一度も一緒に演奏をした事がないバンドメンバー、可愛いみらいちゃんとその家族等々、僕の大好きなBogalooという場所で久しぶりに顔を合わせられた事が嬉しかったです。

さて、長い前ふりでしたが、ライブは前回の10倍は盛り上がった感じがあり、バンドメンバー一同非常に満足しております。自分達の演奏も前回よりは格段に上達した事もありますが、やっぱり一番前に座って一生懸命Y-noの音楽に耳を傾けたり、後ろの方で一生懸命一緒に盛り上がったり、そういう要素も大事だったと思います。

ライブ中に一緒に歌ったり、踊ったり、笑ったり、そういうのを見るとやっぱりステージの上にいる人って嬉しくなります。そうやって頑張ってお客さんの様子を見て、されじ@BASSはミスを連発してました。まだまだ甘いな。

今回はレコ発ライブだったのですが、もし2nd single「ごめん」(詳細は下のブログ参照)に興味のある方がいらっしゃったら、ブログ左上のプロフィールクリックすると、コメントに困るメンバーの巨大写真が出てくるので、そのページの一番下にあるアドレスに連絡して下さい。

さて次回ライブについてですが、ベーシストされじの諸事情により、2・3ヶ月休ませて頂きます。ベースラインの泉が消えてしまったからではなくて、その泉の水をもっとくせがあったり、すっきりさせたり、それは音であったりメンタルな部分であったり、そんな時間に充てます。

でもまたすぐにもっと強烈なライブを引っ提げて、Show Boat やら Bogaloo に帰ってきますので楽しみに待っていて下さい。

038_3

この日を境に彼らが再び集う事は無かった・・・なんて事が

あるわけないだろう!

(されじ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

アンバサって

うまいね。自分のバイト先の店前に自動販売機があってそこに売ってます。アンバサのある自動販売機がある店にはサレジが働いている可能性がある。ちなみに今日、売上が割と良かったので日当を上げて欲しい発言をしたらちょっと叱られ、最終的に自動販売機でアンバサを買う時に百円にまけとくよと言われた。

でもよ、自動販売機はまけてくれねぇぞって僕は一人で幸せな気分に浸っていました。

さて、そんな話はどうでもよくて、遂に

CD GA KANSEI SITA!

結局水曜日の12時にレコーディングスタジオに入り、CDが出来上がったのは翌日早朝4時、その後不透明な明るい未来について語り、夜を明かし、5時半にリンキーディンクスタジオ荻窪店を後にしたGrupo-Ynoのメンツでした。僕以外に集まった3名は徹夜で会社に向かったという。たはは、どおりでテンションが低かったのか。テンションが低かった図

006

しかし、良いCDができた。総括はきっとキャプテンがすると思いますので、自分の事しか書きませんが、今回のベースはさすがイーノのエースかつ最終兵器である分、少し天才的な要素がちらほらした気がします。

つまり明後日、いやもう明日か、明日のライブはちょっとぶちかまします。そしてCDも買って下さい。

今回のCDを作るに際して、わざわざ割とレベルの低い被写体の写真を撮りに来てくれた美研OGのこまさん、そしてエンジニアの小野寺さんには本当に感謝しています。

余談ですが、朝一で両親にCDを聞かせたのですが一蹴されました。でも俺は幸せだぞこのヤロー。

早く自立しないとね俺!

でもやっぱりベースが最高だ。これは最高だ。

それではライブハウスで会いましょう。

(Y-noの最終兵器されじ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

7月18日ライブ詳細

どーも、イーノのオーノです。

前の日記でサレジも書いてますが
レコーディング、2日間(25時間)じゃ終わらなかった…
でもライブまでにまた10時間ほど使って完成させます!ライブで発表は必達…

2nd、気合が入っています。
1stが3曲入りで16時間でレコーディングが終わったのに対して、2ndは4曲入りで35時間かかる予定。(どうか35時間で終わってほしい…)
それだけ時間と労力とお金をかけているだけあって、今回のシングル、相当いいものになる予感です。
1stのとき出来なかったことや、反省点、皆様からの声など、ふんだんに反映されています。
4曲中3曲は日本語歌詞で、過去のライブで大変好評だった「ビールジャパン」「夕凪」などの曲も入っています。beer
1stの何倍も面白いしかっこいいし、元気が出る内容です。
早く皆さんに聞いてほしい!!

そんな、2ndシングルが来たる7月18日(土)のライブで発表されます。 
遅くなりましたが以下ライブ情報です↓

*****************************************************************

Bogaloo_2

「blue moon jazzy」
@代々木ブーガル
http://www.bogaloo.net/main.html

7月18日(土)open18:00 sart18:30
ticket\2000(ドリンク別)
出演:artimos、Grupo Y-no、
小山尚樹、SOUTH LINE TRIPPERS

Grupo Y-no 2nd single「ごめん」           

22

収録曲     
1.ビールジャパン!
2.ごめん
3.夕凪
4.Ela e bela demais(彼女は最高だ)
ライブ限定版\500(tax in)
 

*****************************************************************

       
前回の初めてのライブハウスでのライブは課題の残るものでした…
今回は2回目のライブハウスということで前回の反省を活かし、
より良いものにします!!
2nd singleも本当に良いものになりそうなので、ぜひぜひ遊びに来てください~happy01

(オーノ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

溢れるパワー!弾けるリズム!みんながあいつを待っていた!

064 今日は僕が書きます。

さて、噂のレコーディングですが、何と2日間かけて未完成

という事で僕は来週の水曜日に一人で荻窪のレコーディングスタジオでエンジニアの方とコントロールルームにこもります。

069 123 115

このエンジニアさんにお世話になってます。どうやら6月に娘さんが産まれたみたいできっと早く家に帰りたい中、初日は夜の1時まで二日目も夜の10時過ぎまで付き合ってくれました。そんなにやって何故終わらんのだ?

キャプテン曰く「全く妥協がない」らしい。

そんなキャプテンの初日の歌録りが終わり焼肉屋でほっとしている様子。

095 093

焼肉を食べたいが為に一生懸命初日に歌を終わらせてました。

バンジョーつよしは終始こんな感じでした。

ちなみにこれはコーラスでどつぼにハマっている時の写真。

116 きっと今も幸せなのだろう <`ヘ´> 

しかしそれよりも遙かな深みへたどり着いてしまった134

119 109

でもカバコは素敵なのがパックされているNODA!

そして本番にアドリブをかましてきたべっきー。こう書くと聞こえはいいが、実際は思いっきりミスをしていて、僕は集中しなきゃいけないなかタローさんと二人で苦笑しながら演奏してました。

032

しかし大変なレコーディングでした。何て言っても終わらなかった理由はあまりにも合わない気持ち!気持ちが合わない!割と発狂しそうな感じになっておりました。

タローさんは本気で発狂するかと僕は思ってました。

094

そんな写真で振り返るレコーディングでした。

明日はもっとレコーディングが分かるブログを書こう。

(されじ)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

あぁ、織り姫様!!

去年の今頃、俺はポルトガル語で七夕とは何か説明していたな。

明日は遂にレコーディングだという事で今日はみんなで6時間練習という事は無く、各々仕事があったりする関係上、僕はタローさんとひっそりスタジオで個人練習をしていました。

イーノのボトムはこの二人が支えているのだ。そろそろ蜜月=熱いライブ!!

P1010264 四ッ谷ニューオータニーズ時代のタローさんとエースサレジ

ひっそりとサクッと集中力を試した練習をし、ささっと帰った訳ですが、今日は特に二人で飲んで帰る訳でも無かったので、私毎年恒例の「誰かを誘って短冊を書く」企画に誘って、二人で短冊を書いてきました。

タローさん

「Grupo Y-no メジャーデビューします」

メジャーデビューしますってお願いじゃねぇよってタローさんは自分でつっこんでました。

ちなみに僕は

「おしゃれで知的な大人になれますように サレジ@ベース」

という何とも微妙なお願いを書いてきました。ものすごい考えた結果これだからな。悲しいな。

ちなみに僕の前の女の子は「ズボンを買って欲しい」ってお母さんに書いてもらってた。良い大人に育って欲しいものです。

火曜日は大学だからサレジ名義ではなく本名でもっとちゃんとしたお願いをしよう。

さて!

俺の天の川も段々と乾いてきています。

でも、川が乾いても何も変わらない。俺も変わらない。

いつまでも心の中には美しい天の川が流れていて欲しいな。

さあ、明日はレコーディングだ。弦を張り替えて、スケジュール確認をして、寝る。

(洒落児)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

今日は

134さんと横浜に行ってきました。

一人でレコーディングの練習をしている最中に、134氏から「行くぞ!」と電話がかかってきて、ヘッドフォンからビールジャパン(※レコーディング曲、当初はタイトル曲であったが、後にごめんにその座を奪われる。ちなみにY-noがブラジルに上陸した際に、オーノさんがものすごい嬉しそうな顔をしてデモ音源を聞かせてくれた記憶がある。この曲を聞いた時にこれはイケるぞと思ったのだが、ベースが入ったとたんに微妙な曲になってしまった。注が長いな)を流しながら、渋谷で待ち合わせの約束をしました。

目指す場所は横浜のサンバの聖地 関内にあるバハカォン

ライブのフライヤー兼宣伝という事だったのですが、俺はうきうきしてました。

バーテンであり横浜サンバ界の頭であるカマシ・ド・カバコ氏に会うのを楽しみにしていたのだが、まさかの風邪で不在。代わりにdoBさんというDJ兼音楽家に出会い、最近聴いている音楽の話になった。

ONE OK ROCKはCDよりもライブ映像の方が良いのだが、珍しくこれはいかしている。俺もこれやったらモテるかな。あとHQボタンは音質も改善されるので押して下さい。

サンバ界の頭が不在であるという事で、サンバがコンセプトのこのバーでマイケルジャクソンが流れ、テレビの映像はFundo de Quintalというまさに新しい人生を始める僕には新鮮な映像を見られました。そこに風邪の頭が現れた!

次は女性を連れて行こう。

遊ぶ前には一生懸命勉強。

(洒落児)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

きみー!俺のダイゴロン刀はなっ!

ブログの分かりにくさに定評があるので、今日は注釈から始めます。

ダイゴロン刀:「ゼルダの伝説 時のオカリナ」に出てくる武器。通常の剣より大きさが2倍ある為、両手を必要とし楯を持つ事は不可能であるが、その威力はすさまじい。

昔、こんな事を言われたな。「プロのミュージシャンっていうのは各々、自分だけの武器(技)を持って持っているんだよ」と。今日のブログとは全く関係のないエピソードだけど。

さて、最近の俺はのんびりしている奴と認識されているようだが、自分でいうのもなんだが最近の人生は今までよりもちょっぴり充実した味がしたりする。どこかでスパイスの効いている人生だったりする。冷静に今の生き方を分析するなら、義務から逃げている甘えん坊なのかもしれない。でも今思うのは、俺しかないハッピーボックスはすぐそこに見えているという事。だからもう少しのんびりさせて!

そんなのんびりした大学生活で俺が得るもの、それは「刀を抜く理由」なんじゃないかなと最近思ってきた。きっと俺が今探しているものはそれなんだ。「刀の使い方」はきっと次のステージで学んでいくもので、俺がもうすぐ出会うものは「刀を抜く理由」なんだろう。

刀はもう決めた!

(洒落児)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

負ける気がしねぇ!

俺らのモットー「過去は教科書に未来は宿題」って違うバンドじゃねーかい。

でも、俺は好きだな、この言葉。「過去は教科書に未来は宿題」。毎日教科書はちょっとずつ増えていって、大きな明るい未来に進んで行く。書いてる事が若いぞ、俺!

若いぞって言っているけど今の俺が昔の俺に敵わない所っていうのは、そうやって批判するだけで自分で真剣に物事を考えない所かな。

つーかよ、教科書は勝手に増えていかないぞ。

昔の自分にあって、今の自分に無い物

それは「沈黙する時間であったり、自分についてゆっくり振り返る時間」なんだろうな。

そうやって子供なりに教科書を一ページずつ俺は作っていた。

それに対してちょっと大人の俺はコメントする。

昔の俺と今の俺が対峙する瞬間だ。

それは違うんじゃないかなって。

でも素直に尊敬する自分もいる。

まさに過去は教科書なんだよね。

喫煙所にて独りで。

レコーディングが4日後に迫っているので、レコーディングまで毎日ブログ更新しますので励ましのお便りよろしく。バンドじゃなくてY-no最終兵器サレジ宛てですよ、もちろん。

Img_0017  一年前は調子に乗っていてよく怒られたな~

(洒落児)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年9月 »