« ブラジリアン柔術 | トップページ | あの頃俺は »

2009年2月10日 (火)

20世紀少年を見ました

どーもオーノです。

映画の2作目が公開中の「20世紀少年」、
数年前、原作を途中まで読んだのだけど
この前テレビで映画1作目を見て、
あー改めてやっぱ面白いわーhappy02、と思い
ついこの間、全24巻一気に読みました。
すごく面白かったので週末だけで一気に読めたよ。

この漫画を読んで思ったこと、2つあって。
一つ目は「歌のもつメッセージ性」というか、なんというか。

たとえ誰からも分かってもらえなくても、
全然かっこいい歌じゃなくても、
下手くそでも、

自分の心から出たメッセージを
自分の大好きなメロディにのっけて
歌い続けることが大事なんだよな~
と思った。

恋人を見つけるときに
自分を変に飾ったり偽って好きになってもらってもしょうがないように、
やっぱりバンドも本当の自分を発信し続けて、
それに対して一人でも好きになってくれるお客さんがいれば
最高なんだよなーと思った。

幸い、うちのバンドの曲はまず最初に歌詞があって。
正確に言うと、歌詞というか、メンバーの思いのたけを綴った作文があって。
それに134やたなかゆうじが最高の曲をつけてくれる。
いや、身内で褒めあうのもなんだけど、僕は彼らの曲、最高に好きなんだよなー
たまに最高じゃなかったら、作り直してくれるし。笑
こんな環境が本当に恵まれていると思う。

漫画読んでもうひとつ思ったことは、
改めて「仲間って素晴らしい」ってこと。

うちのバンド、すげー仲いいです。flair
でも、やっぱり毎週毎週みんなで集まって練習して、
一緒に曲作りしてると、たまには喧嘩ぽくなるっていうか、
やっぱり他のメンバーに対して一言物申す、みたいなことにもなる。
特にライブ前はなにかと毎回モメる(笑)泣く人が出る場合もある。
でも、真剣にやってれば、それが当たり前だし、
やっぱそれがいーんだよなー、と思う。

モメてる最中はかなり辛いけど、
それでもなんとか一緒に困難を乗り切って、
みんなで打ち上げて酒飲んでるとき、
すべて報われるというか
それまでの苦労・揉め事が一緒に飲む酒を何倍もうまくしてくれるんだよね。beer

うちのバンドはこの2年間で
「なんだよ!」って思うのと「こいつすげー!」って思うのを
お互いに何回も何回も繰り返して、本当に真に仲良くなったと思う。

最近じゃ、練習合宿だけじゃなくて
フツーに有志で旅行に行くようにもなって、
(年末には箱根に行きました、春には博多に行きます笑)
こーゆー練習抜きの完全にバカやるだけの旅行は
揉め事などなしに本当に盛り上がるんだけど、
こーゆーのもやっぱり、
毎週毎週、地味~に練習して
時折モメるのが反動になってるんじゃないかな、と思う。
やっぱりこーゆー関係が「仲間」なんだな、って思います。
そして今の僕から浮かぶメッセージは
こいつらの存在なしではあり得ない。

そんなわけで、結果、なにが言いたかったかというと、
別に身内自慢したかったのではなく、
20世紀少年見てすげー2ndシングル製作のモチベーションが上がった、と。
ケンジは仲間たちとメッセージを送り続けたけど、
YNOも送るぞ、と。
ちょっとまとめが無理やり過ぎるか。

とにかく現在製作中の2ndシングルでは
こういった環境の中での「今しかできない楽曲」
どストレートに作りたいと思ってます。
どサンバかどうかは知らないけど、今のYNOを100%映し出したような。
それを聞いて一人でも元気になってくれる人がいたらいいな。
もしくは「こいつらバカだ」って笑ってくれたり。
そういった願いを込めて真面目に作っています。
あ~早く作りたい、聞いてもらいたい。

ベースのサレジが来月あたり、そろそろ帰ってきます。
こいつとは本当に一番喧嘩したけど(サレジいわく殴り合いのケンカ)
彼はムードメーカーで、
うちのバンドは彼がいないと始まらないから、
帰国が本当に楽しみです。やっとYNOが復活する日が近い!
2009年、20世紀少年の映画同様に、YNOにも(笑)ご期待下さい!!
対バンしてくる方、メールも下さいhappy02grupo_yno@yahoo.co.jp

Dscn1045_2

↑ドキッ野郎だらけの箱根旅行。あったかハイムさんみたいなベッキーが素敵ですね。

(オーノ)

|

« ブラジリアン柔術 | トップページ | あの頃俺は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448800/27940537

この記事へのトラックバック一覧です: 20世紀少年を見ました:

« ブラジリアン柔術 | トップページ | あの頃俺は »