« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

第28回浅草サンバカーニバル

こんにちはべっきーです。

昨日行われた浅草サンバカーニバル2008に参加してしてきました。
出場チームはLAMBSという僕の出身サークルです。
テーマは空で、今回の浅草はエンヘードの歌詞の通り、暴風雨と闘うものになりました。

YNOのブログなので、あそこまでのパレードを作り上げた人たちへの感謝の念や熱い思いは別のところに書くとして。

参加して(というか参加させてもらって)思ったのですが、やっぱりスルドは楽しいです。死ぬ程ヘタになっていましたが。。スルドほど楽しい楽器はないと思います。
そしてやっぱりあれだけの人数で演奏するというのはとても楽しいです。

いつもなんですが、スルドを叩いたあとにパンデイロを叩くととても上手になっていることに気付きます。
なんというか、グルーヴがちゃんとサンバらしくなっている、リズムが流れない。パルチードも意識すれば、ちゃんと思った通りの訛りが出てくる気がします。
個人的な感覚なので、実際のところはなんとも言えませんが。。すくなくとも自分のイメージする音に近くなっています。

フンドヂとRevelacaoののパンデイロって本当にすごいですよね。なんでああいうのが叩けるんだろう。
それぞれ全然違うリズムだけれど、それぞれのグループにあっているものなぁ。

あれれ、なんか浅草の話から、パンデイロの話になってきた。
そうですね、今年の浅草サンバカーニバルの感想を一言で表すと、

浅草はやっぱり今年も最高でした。

(べっきー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

犬が吠えたと思ったら

仕事が終わって帰りの電車の中、つり革につかまってうとうとしていたんです。そうしたら半寝の状態で夢を見ました。
どんな夢だったかというと、僕は宅配屋さんでどこかの家に荷物を届けようとしているんです。家に着いてドアを開けたら犬が吠えてビクッ!として目が覚めたんです。
あっ?電車の中で犬??なんだ??と思って一瞬寝ぼけていたら、僕の斜め向いに立っていたおじさんがくしゃみをしていた。
どうも、僕が犬が吠えたと思ったその音、怒号は、おじさんのくしゃみだった。

思うことはたくさんある。腹が減りすぎたときのアンパンは最高に美味しいだとか、コンプレックスだとか。

YNOは?? また、すげー物が来る予感。犬が吠えても、YNOは進むのです。YNOが進む君

高校のとき、たなか君って、ごはんがススムくんに似てるよねって言われたけれど、別にうれしくはなかったでも僕がいることでごはんがススムのであれば、

ハッピー

(たなかゆうじ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

あいつはいま(5)

 ブラジルにいる。と言ってもブラジルは日本の23倍の大きさで、僕の住んでいるサンパウロ州だけで日本の70%はある(多分)。そして僕はそんなサンパウロ州の田舎に住んでいます。今日はそんな田舎暮らしの僕の日常について紹介したいと思います。

 月曜日、朝の4:30、僕はサンパウロ市(州ではありません)にあるポルトガル語の学校に通うために起床します。サンパウロ市のリベルダーヂという東洋人街(昔は日本人の町だったそうですが、今は中国と韓国の人も多い)の近くにある学校で、僕の住むスマレという町からはなんと少なくとも120キロは離れています。

Photo

 もっと良い写真が撮れる街です。これは100周年でリニューアルされた提灯で有名な通り。元々はブラジルと日本の国旗はありませんでした。これを見ると、ブラジルの中での日本の位置づけが少し分かりませんか。

 さてそんな120キロ離れた学校に僕は週2回通っています。一体何で通っているのか、その答えは高速バスです。

Ouroverde

 これが本気でかっこいいんだな、中が快適だし。こんなベースが欲しいな。ちなみに僕がバスに乗る5:45分は辺りは真っ暗です。このバスでちょうど2時間かけて、チエテという高速バスのターミナルまで行きます。そこから電電車に乗ります。

Linha_azul

 日本と変わらない電車。細かい事は分からないので概略を説明しますが、電車はどこまで行っても値段は一緒で、PASMOみたいなバスにも対応しているカードもあります。

 こういう路線が張り巡らされているのは、本当にブラジルの中心にしかないと思います。他のブラジルの州に行った事がないので何とも言えませんが、国土がでか過ぎて難しいのでしょう。

 Cavaquinho

 第二の目の保養

(salesi)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

至高の喜び

どーもオオノです。

私事ですが
「ものをつくる」ことと「人を笑わせること」が
昔から大好きデウス(です)。

特に「ものをつくって それによって人を笑わせる・驚かせる」
という「してやったり的なこと」が本当に大好きで
その喜びのためならなんだってしようというほど、僕にとって快感。

昔からその「人が笑う・驚く」という一瞬を見る喜びのために
本当に多くの時間を費やして、いろんな物を作ってきました。
あまりにもくだらないものばかりなんで
何を作ってきたかはここでは割愛しますが、笑

とにかく昔から、「自分が作ったもので人が笑っている瞬間」を思い浮かべながら
ニヤニヤしていろんなものを作りこんできたわけです。
そーやってもの作ってるとき、すっげー幸せ。
そして実際に笑ったり驚いたりしてもらった時は「死んでもいー」ってほど快感です。

で、そーゆー点で、
「音楽を作る」ということ、
とくに「オリジナル曲を作りこんで録音する」ということ。
これはもう、自分にとってこの上なく楽しくて幸せな作業。
オリジナル曲にはじめてチャレンジした時は
「これしかない」と思いました。
死ぬほど楽しい。すっげー楽しい。

まず、個々のメンバーの人生、悩みがって、
そして、
想いがあります。
それをカバコの134に熱く伝えると
それが、なんともいー曲になって返ってくる。
これだけで信じられないくらいの幸せなんだけど、笑

さらにその134が作った曲の素(もと)。
これにたいしてメンバー全員でいわゆる「編曲」をするのだが、
これが本っっっっ当に面白い。おもしろすぎる。
どーゆー曲にするか、編曲の方針、
それはただひとつ、「面白いかどうか」。
練習中、
「これやったらメンバーのウケがとれるかも!?」と思って
おもむろに「いいいやっはー!!」と叫んでみたり、
「いえーい!」って入れてみたり、それこそ語ってみたりする。
もちろん楽器を使っても、いろんな面白いことをしてみたりする。
そのときメンバーが驚いた顔して、
演奏終わった後、爆笑しながら「それ、いいね!」て言う。
「え、ほんと?テヘヘ」、と最高の瞬間。
メンバー同士、そうやって持ちうる限りのインスピレーションを発揮して
お互い面白いと思うネタをアピールしまくる。
何ヶ月間もそんなことを繰り返して、その中で
飽きられず、最後まで生き残ったネタだけを集めたのが
1st singleです。笑

そして、
こうして笑って苦労して作り上げた曲を
ライブでお客さんが一緒に歌ってくれたり手を叩いてくれたりする。
これが本当に最っ高っデウス。(泣)
これでやっと曲が完成したと思うんです。
僕にとって
ライブの良さは「ものを発表して、お客さんの反応が直にすぐ見れる」
というところにもありますが
それ以上に、「お客さんが曲にアレンジを加える」ということが
本当に刺激的で、楽しくて仕方ありません。

僕らが事前に一生懸命レシピ作って
その場で一生懸命料理して
それに最後
お客さんがとっておきの味付けをして
ぐわ~っと一気にかき混ぜちゃう、というね、そんな感じ。
その最後のぐわ~がね、本当に最高。

何が起きるか分からなくて、
音楽が、ライブが、
僕らの手を離れて、完全にみんなのものになってて。
うまく言えないけど、本当に最高なんだ。
お客さんを驚かせるつもりが、逆に完全にこっちが驚かされる(笑

その「生きている」という感覚、
「みんなで生きている」という感覚、
これはまさにライブでしか味わえませんね。
最高です。人生でこんな喜び・楽しみが見つけられてよかった。

そーゆーわけで、
11月23日、
またエスペ―トブラジルでワンマンライブやりますよ。
また一緒に音楽を作り上げましょう☆

もう一人の共演者か。
いとうさん本当に良い事いう。

(オオノ@うまく伝えられない)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

避暑地でデートいたしました!!

暑中お見舞いです。汗ばむ134です。

いやー、よかったなー。
代々木体育館。
Molto buono !!(Muito bem !!)
なんつって。

我々は音楽活動をやってるわけですが、自分たちの音楽だけでなく、
他の人の音楽を体感するっていいもんです。
特にライブはいろんなところへのぞきに行っております。
ジャンルはどんなものであれ、人のライブには関心が強いんです。
ステージングや楽曲の表現方法、演奏の良し悪し。
とっても勉強になる。
そして、自分もライブをやりたくなる。
負けねーぞ、って。
ヤマガタさんもおっしゃられるように、音楽的な刺激を求めるなら、
ライブに行くことだと思います。

それに、セッションもいいよね。
ぼくは先日、YNOの盟友(勝手に ゜∀゜)Batida de Coração主催の海の家パゴーヂに参加したんだけど、
すっごい新鮮だった!!
かっこいいサンビスタたちに混じって、自分もモテるかと思った。
思い過ごしだった。
パゴーヂってセッションのしやすい音楽だと思う。

楽器ができなくても、ライブに来て手拍子でリズムを取る。
楽器初心者でもリズムを感じてとにかく演奏する。
歌詞よくわかんないけど、それっぽく歌ってみる。

それだけでもセッションですよね?

Grupo YNOはそれをセッションと認めます!!

もう一人の共演者。
いとうさん良い事ゆーなー☆

Gostei♪

(134)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

7月20日ライブのセットリスト

ヘピーキの伊藤です。
もう二週間も前になりますが、7月20日ライブのセットリストを掲載します。

1st stage

①Chega pra sambar~Castelo de cara~Nao tem a vontade de perder
②Bebeto loteria~Tudo menos amor
③Fraldinha
④chega de sofrer~Querido meu amor~Se...
⑤Mel na boca~Pra amenizar teu coracao~Cabelo pixaim
⑥Vou festejar

2nd stage

①Hoje eu vou pagodear~Seja mais voce
②Amor e amizade~O que e o que e~Novo dia
Representador humano
Ela e bela demais
夕凪
⑥Sorriso aberto~Seja servageria!
⑦A amizade
⑧A batucada dos nossos tantas~Nao tem a vontade de perder

アンコール
chega de sofrer~Querido meu amor~Se...

以上にになります。なお太文字はYNOオリジナル曲です。

以前僕がブログで、パゴーヂはお客さんがもう一人の演奏者になる、と書いたと思うのですが、今回のお客さんは手拍子はもちろん振り付けまでしてもらって、すごく音楽を共有できてうれしかったです。まさにもう一人の共演者で、僕も演奏していてエネルギーをもらえました、本当にありがとうございました!

(いとぅ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

昼間のパパはちょっと違う

世の中の父さんたちはすげぇな・・と、
最近思います。

いや、会社勤めしてると、
世の中にはタフな人が多いな~、
と良く感じます。

若い俺が元気が無くてどうする・・!


日本にはすごい人がいっぱいいる。
・・そんなことを感じる昨今、
ブラジルでも凄い人をいっぱい観てこようと思います。

そう!9月中旬に渡伯なのです。
あー、フンドヂ観れるかなぁー・・。
まじで楽しみ。
ポルトガル語の勉強全然進んでません・・。

そういえば、全然関係ないですが、
最近、エゴラッピンのライブに行ってきました。
本当にかっこよかった・・。
後半に行くほど勢いが爆発して、
自然に両腕が上がっていく。

サンバも大好きだけど、
やっぱりこういうのもイイよね。。
凛として時雨のライブにも行きたいです。
誰か一緒に行ってください、ホントに!

(ヤマガタ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »