« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月28日 (月)

第三回セットリスト&なんて呼ばれてるの?

こんにちは、ヘピーキのいとぅです。

遅れましたが3月に行われました Sarava!四ッ谷ニューオータニーズ@中南米研究会卒業ライブのセットリストを紹介します。

第三回セットリスト「Sarava!四ツ谷ニューオータニーズ」
(2008/03/23 中南米研究会卒業ライブ@荻窪ルースターノースサイド)
1:Que Situacao(Ao vivo ver.) / Bokaloka
2:Não tem a vontade de perder 
                ~Enredo de YNO
/Grupo YNO
3:Seja selvageria !! Samba de cor da pele/Grupo YNO
4:Querido meu amor/Grupo YNO
5:Som Original / Grupo Fundo de Quintal
        ~Enredo de YNO/Grupo YNO

今回はオリジナル曲を中心に、我々のライブ、パゴーヂやYou tubeではスッカリお馴染みとなった2曲を披露いたしました。

1曲目は第二回ライブでもオープニングを飾ったポップなナンバー「Que Situacao」のAo vivo ver.をYNOアレンジでお送りしました。最初のまったりとした癒し系から一気にハイテンションなナンバーへと加速。キメのポージングや飛んだり跳ねたりとバンマス・オーノのパフォーマンス力が光るナンバーでした☆

続いて3曲は取れたてのYNOオリジナルナンバーをお送りしました。聞き所はべっきーが先日のコラムで書いているのでライブでの聞き所を少々。

1曲目は我らがテーマソングでございます。
このHPからも視聴できますが、サビで出てくる「イプシロン、エニ、オー!」はお客さんも一緒に頭上に両手で「Y・N・O!」と西城秀樹のYMCAばりにやっていただくとかなり楽しいと思います。
実際ライブでもお客さんの皆さんがやっていただいてすごく楽しかった♪

2曲目は魅惑のダンスナンバー、ライブではCDと違ってかなり速く演奏しました。ベースのチョッパー、ドラムのフロアタム全開でぶっ飛ばしましたねー。
ぜひ皆さんには踊っていただくのはもちろん、途中の「イェエー!!!」を一緒に叫ぶとかなり吹っ飛べます。

3曲目は甘いミディアムナンバー。
しっとりと、しかし自分の熱い思いを「萌え」・・・、いや「Moer~♪」と一緒に歌い上げるとイイ感じ。最後はバンジョーツヨシの卒業生らしい語りとなりました。CDでは伝説の語りと化してますが、今後のライブではどんな事が彼の口から語られるか、注目です。

この3曲は7/20に行われます次回ライブでもVerを変えてお送りする予定なので、ぜひ皆さん予習して来てください!(笑

最後はYou tubeでも路上でもすっかり人気のナンバーとなったSom Originalから我々のテーマソングへとメドレーでお送り致しました。サレジ不在となりましたのでベース&ヘピーキソロもこれで当分見納めとなりましたね。You tubeではまだ見れますよー。

出囃子も含め、YNO定番曲、そしてオリジナル曲とこの一年間のYNO集大成のステージとなりました。ご来場してくださった皆様、本当にありがとうございました!


さて、我々は「四ッ谷ニューオータニーズ」というバンド名ですが・・・。
この長い正式名称を皆さんがどう略すものかと僕は気になってました。
僕が実際に聞いた略称名をいくつか挙げて見ます。

①「YNO」・・・「ワイエヌオー」というローマ字発音、おそらくこれが一番定着している。

②「四ッ谷」・・・サッカーチームのような地域密着型バンドっぽい、僕は個人的に好きです。

③「オータニーズ」・・・①に反してチーム名を強調している感じ、客観的に聞くと謎のグループ(笑

いろいろありますねー、意外と③と呼んでいただいてる方も多いんですよ。
ちなみに我々がテーマ曲で熱唱しているのは「YNO」のポルトガル語発音
イプシロン・エニ・オゥ
です。日常では言い辛いですが、ライブなどで我々のグループ名をサンバのリズムに乗せて叫ぶときは、こちらのほうが良いかもしれませんね。
次回のライブではしっかりこの叫び方をお客さんの皆さんに覚えていただきたいと思っています♪


(Itu)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

ども、バテリアのヤマガタです。

されじは無事にブラジルに着いたろうか?
何をやっているだろうか。
気になるので、本人はコメントよこせっ!

YNOも社会人が増え、
ベーシストはブラジルに旅立ち、
僕も会社では後輩ができたりと、
何かと変化の多い季節。

あと、なんだか僕の周りでは恋をはじめた人が多い気がします。
春は恋と別れの季節・・なの?

さて、そんな恋だとか、
恋のもんもんとした感情だとか、
恋で苦しい時の友達のありがたさだとか、
恋とかまったく関係なく会社帰りのビールまじでうめぇ!
だとか、そんな感情がこれでもかと詰まってる(?)アルバム、
「Nao tem a vontade de perder」絶賛発売中です!

興味持ってくれて、
聴いてみたいよーって方は、
grupo_yno■yahoo.co.jpまでメールくださいねっ。(■を@に変えてください)
大音量で聴くと、相当楽しめるアルバムであること自負してますので。


さて、春だし何かあたらしいこと初めてみよっかな。
とりあえず、ブラジル旅行を考えて、ポルトガル語の勉強かなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

1stシングルの見どころ・聴きどころ

どうも、前回フットサルやろうって提案したのにコメントがひとつももらえなかったべっきーです。

今回は1stシングルの僕なりの見どころ・聴きどころを紹介したいと思います。

★見どころ★
・CDジャケットの表紙。特に僕の着ているジャケットのインナーには本当は「NAVY」って書かれてるんですが、最初の文字と最後の文字が隠れてしまって別の単語になっているところ。なんてこった。
・ジャケットのふっきーの服装。僕はセンスいいなって思ったんですが。賛否両論が僕の周りでは巻き起こっています。僕はいいと思います。
・ゆうじくんがブログの開設当初に記事にしていた偉大なるスパゲッティが写っています。

★聴きどころ★
・Enredo de YNO: 全部です。あえて言うなら、うーーーん……やっぱり全部です。歌詞で一番好きなのは特に「毎日がカルナヴァル」というところ。
・Seja Salvageria: ブルルン、ちゃっちゃっちゃっの後の「イェエー!!!」です。いとうさんが叫んでるんですが、これ、この部分だけ何回も何回も録り直して笑、叫び続けて、いとうさんが死にそうになった。まさに魂の叫び。あと、オオノさんのクイーカも是非注意して聴いてみて下さい。哀愁クイーカ。ai, chora cuica.
・Querido meu amor: これはもう、ゆうじくんの最後の語りです。驚異のリハ無し一発撮り。なのに尺ぴったり。こんなに喜怒哀楽が全てこもった語りを僕は他に知らない。あと、好きな歌詞は「左へ左へと曲がってる僕はうそをつかない」の部分です。

本当はもっと色々書きたいのですが、書き始めるとキリがないので、この程度でとどめておきます笑
他の人もそれぞれの見どころ・聴きどころをコメント欄に書いてくれることを期待してます★

(べっきー)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

【速報】7月20日にライブやります!!【ライブ】

次回のYNOライブ日程が決定いたしましたのでお知らせいたします。

===============

7月20日(日) YNOライブ!!(仮称)

 会場:エスペートブラジル@大塚

 時間:19:30~

 チャージ:1000円

===============

翌日の21日は海の日(祝日)ですね。

今回はブラジルに行ってしまうサレジを除いた6人(YNO・SS:sem salesi)によるワンマンライブです!

また、詳細が決まり次第アップいたします!取り急ぎ連絡まで。

よろしくお願いします~

(オオノ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

じゃなきゃもったいないっ!

「隆平!おまえはまだ決めてねーのか?先のこと」

「いや・・・これからメシ食って体育までの時間ちょっと寝ようかと思ってるけど・・」

「そういうことじゃねーだろう!・・・・・・・おまえがどうなってくのか・・・オレはちょっと楽しみにしてんだぜ!」

「・・・・・・・・・」

今年の4月1日はエイプリルフールよりも入社式というイメージが強かった。それはベッキーであれ、バンジョウつよしであれ、入社式を迎えたからだろう。彼らもついに社会人か!俺は社会人ではないし、大人になった自覚もないが、失礼ながらそんな2人に二言送らせて下さい。

「じゃなきゃもったいない精神」というのがあって、これは「もったいない精神」みたいな「物を大事にしようとする精神」とは違う。人それぞれ何がくるかは違うけど、ドラムのヤマガタさんが言うには「死ぬ時後悔しない生き方」をする事が「じゃなきゃもったいない精神」なんですよ。「好きな事だけが好き」「笑ってる方がいい」・・・うんうん、すごくいいよ・・・とか言っていると世の中の常識に怒られます。でもそんなやつは南波次郎が怒ってくれる。

話は変わりまして、本日のブログの最初に俺が高3の頃のやりとりっぽい事を書いたが、厳密に言うとこれはクローズ26巻のやりとりなんだが、ふと自分がこのシーンにいたら何を思うんだろうと考えた。そこで是非2人に、そしてこのブログを読んでいるあなたにも考えて欲しい。ちなみに俺は「俺も俺がどうなってくのか楽しみでしょうがないんだよ」と思う。生活に何不自由してないからそういう事が言えるのかもしれないけど、稀代の傲慢ヤローの素直な気持ちです。以上2人への気持ちです。って全然送る言葉ではないですね。すみません。

昨日ようやくビザ申請が通りまして、ようやくブラジル行きが確実になりました。14日に受け取れるので、出発は15・6日になりそうです。では1年間ですが、さようなら。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »