« バツカーダ・メトロノーム | トップページ | ジェロ »

2008年3月 7日 (金)

Música nova

Quanto tempo, minha gente.
A primavela é estação do YNO.Chega de trabalho.
Cedo a gente terá o pagode fora, opa.

こんちわ、カヴァキーニョの134です。

サレジに先駆けてブラジルに渡っていたたなかゆうじが帰国しました。
いろいろ得たこともあったでしょう。パワーアップもしたでしょう。
ブラジルにはそんな力があります。
でも、たなかゆうじの本質はまったく変わりません。
ブラジルにも負けない生命力です。
YNOはそんなやつらの集まり。

さて、「新しい音楽」と大げさに題しての記事です。

YNOのリハをやってるとつくづく思うのです。

「俺らって新しいなぁ」

抜群の個性、生粋のオタク気質、たまたま出会ったサンバパゴーヂ。
そりゃ普通のサンバできないですよ。
愛すべきサンバヂハイスはもちろん心の中にありつつも、
カタにハマらない自由な発想を表現したい。
サンバ知らない人にも喜んでもらえるような音楽。

新しい音楽って簡単にできるもんじゃねぇ。
でも、「YNOって馬鹿っぽいけど新しいよね」。
コレ最高のほめ言葉。

あぁ、早くみんなの前で演奏したい。
「新しい音楽」を。

(134)

|

« バツカーダ・メトロノーム | トップページ | ジェロ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いやー134さん、僕変わりませんか(笑)

生命力!!fuji

そびえたちましょう!!マウント・富士!

こんなことばっか言ってるから。わはは。

でも、こういう考えって新しくないですか??

投稿: たなかゆうじ | 2008年3月 9日 (日) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448800/11031114

この記事へのトラックバック一覧です: Música nova:

« バツカーダ・メトロノーム | トップページ | ジェロ »