« 【年末特別企画】サレジが選ぶ!今年はこの曲がよかった!ベスト3 | トップページ | 新年御挨拶 »

2007年12月29日 (土)

【年末特別企画】たなかゆうじが選ぶ!今年はこの曲がよかった!ベスト3

*****【年末特別企画】*****
YNOが選ぶ!
今年はこの曲がよかった!ベスト3
*****************

⑦たなかゆうじ編

今年もたくさんの曲を聴きました。
よかった曲がたーくさんあって3曲がなかなか絞れなかった。
そこで、僕が今年最も口ずさんだ曲を3つ振りかえることでよかった曲を導き出そうと思います!!

1.ひっくりかえってた二人
2.Pout Pourri-Demoro/Sacode/Ja e Alvorada
3.ひゃくまんつぶの涙


1.はFishmansのChappie don't cryというアルバム(彼らのデビューアルバム)の一曲目に入ってる曲で、彼らの曲の中で僕が一番好きな曲です。
全体がゆったりとした曲で、イントロの「ひっくりかえってた二人~」という部分を2日に一回は口ずさんでいたと思う。なんだろう、曲にあまり起伏がないのだけれど、その分歌詞がすんなり頭に入ってきた。そう、この曲は歌詞がいいんですよ。
 オザケンのときもそうだったんだけど、僕が好きになる日本のアーティストというか曲は歌詞がすんなり頭に入ってくるんだよね。不思議な現象が自分の中で起きるんです。特にオザケンの『天気読み』に「明かりをつけて、眩しがるまばたきのような~♪」って部分があって、このフレーズを聞いた瞬間、僕の頭の中には急に明かりがついて眩しい表情をしているかわいい女の子が浮かんだのよ!!(寝起きとはまた別な、うひゃー) すみません、妄想家です。なぜかわいい女の子ではいけないのか、そりゃやっぱり夢というかハートがあるというか、要は俺がその瞬間を見たかったんだろう、たぶん見たら一目ぼれしてしまう瞬間にあこがれていたんだと思います(当時僕は17歳だった)
ちなみにこの曲には「星座から遠く離れていって、景色が変わらなくなるなら、ねえ、本当はなんか本当があるはず」っていう部分もあって、この本当はなんか本当があるんだっていう歌詞に衝撃を受けたというかね、その、星座から遠く離れていくシーンというのはよくアニメのワープシーン(特にドラえもん)で急に星がなくなって暗くなった瞬間に次の空間に移ってるってことがよくあるじゃない。これなんです。このワープシーン(特に映画「ドラえもん のび太と鉄人兵団」しずかちゃんでリルルとミクロスがタイムマシンで地球からメカトピアに移動するときのシーンがわかりやすい)の先に、たぶん本当は何か本当があるんだ、だから俺は大丈夫なんだみたいなことを思って、これまた17歳のときをすごしていました。

さて、本題の「ひっくりかえってた二人」だけれど、日常が描かれているんです。日常が流れているんです。これは僕の勝手な解釈だけど、まさにこの曲の中にはオッパーな空間が描かれているんです。どうでもいい映画を見て「うへー」とかいいながら笑っているまさに。まさにMTVで流れていたBeavis and Buttheadがカウチに座っていながらテレビを見ている感じかな。あんなに阿呆ではないけど、もう少し知的な、女の子と男。幸か不幸か僕がフィッシュマンズを聴きこんでいたのがちょうど就活の時で、待合室や会社の中で「あ~る晴れた夏の、日に、くだらない映画を見たー」なんて頭の中で口ずさんでいた。そのときは余裕が大事ですよみたいな感覚だったのだけど、そんな暇があったならもっと切羽詰って自分が何をしたいのか考えておいてもよかったかもね。誰も知らない。
とにかく、フィッシュマンズの「ひっくりかえってた二人」は是非聴いてください。



2.はブラジルの一昔前に人気だった?パゴージバンドsensacaoのライブCDに収録されているメドレーです。
3曲ともとてもキャッチー。特に3曲目のJa e Alvoradaのイントロがとってもキャッチー。実はなぜよかった曲ベスト3ではなく最も口ずさん曲ベスト3にしたかというと、今年はこれが最高だったうわー、という感じの曲がなかったけど、5つ☆に輝いた曲はたくさんあってなかなか3曲絞られなかったんです。そんなときの朝洗面所で顔を洗いながらこのJa e Alvoradaが頭の中で流れて歌、よし、よかった曲3曲が絞れないなら一番口ずさん曲を3つ選んでその3曲を今年よかった曲にしよう!!と思いついたのです。
 Ja e Alvoradaは勢いがあって、なんか元気が出てきたぞってときによく頭の中に流れる。意味はめちゃくちゃ暗かったりして(笑) この曲も聴いたことがない人は是非聴いてみてください。Ja e Alovrada~♪ 


3.はTHE BOOMの「ひゃくまんつぶの涙」です。
この曲も歌詞がすばらしい。ぐっとくる。泣ける。以下私の勝手な解釈。

この曲の舞台は沖縄で、主人公は大好きだった人を亡くしてしまった。その人は村一番きれいな人だったんだ。うおお、これだけで感動。たぶん、村一番美人だったから長者が偉い人に取られてしまったのかな。うおお、さらに主人公に感情移入。すみません、妄想家です。悲しいからオクラ畑に彼女の切れ端を埋めておいて、それをやかんに溜めたひゃくまんつぶの涙を沸かして彼女をもとに戻して楽しむんだ。そして幾年重ねて年老いて、彼女に寄り添うように土に返った主人公。それを見たお日様が涙を流してひゃくまんつぶの雨が降って彼のお墓にひゃくまんつぶの雨が降る。それで草木が潤いカエルもよろこんで僕らのお墓は今宵も祭り、だってさ。おうう。すばらしい。感動。
まあ、まじめに考えるとお墓から切れ端を取り出して楽しむというのはだいぶサイコの行為だけど、これはあくまでも比喩だし。すばらしい。そして僕は「やかんに溜めた」の部分を容器のやかんではなくて夜間と勘違いしていた。どうなんだろう。最初は夜中に彼女を思い出して泣いているのかなーだから夜に溜めたって意味なのかな、って思っていたけど、沸かすってあるからたぶん容器のやかんなんだろうな。まあ、どっちでもええたい。
曲に関して言えばイントロからさんしん(沖縄の三味線)がメロディーを奏でている。その裏にベースとギターが最高なグルーブを生み出している。僕、好き。曲調はとても明るいのです。なんというか、三味線に合わせて踊ってる場面が頭に浮かぶ。僕はこの曲はとってもパゴージっぽいと思います。 感情が入るし、ちょっと凝った明るさと寂しさがある。

THE BOOMの「ひゃくまんつぶの涙」、是非聴いてください。


☆番外編☆

僕が今年所属したバンドから一曲ずつ選びます。

YNOからはHerlonのO som do meu banjoです。この曲は134さんがバンジョーも課題曲として出してくれた曲です。ユウチュウブにもアップされています。ソ祭では失敗して微妙な雰囲気で終わるんではないかとビクビクしていたけど思って以上に全体がまとまって楽しい演奏をすることができた。走ったけど。ははは。
また挑戦したいな。134さん、そのときは曲のバンジョーみたく弾けてるようがんばります。

ボサノババンドから
Chegaです。マルチナリアの曲です。ボサノバではないけど、ボサノババンドでやりました。ギターでイントロを流して、あれ、俺ちゃんと弾けてるんでね??満足感に浸ってきました。この曲はボサバンドの他のメンバーも気に入ってくれた。やってよかった。

サハシクリスマスバンドから
Natal Diferenteです。軽快なパゴージにのせてクリスマスもサンバをやるんだもんという心を歌った曲です。掛け合いが楽しかった。


以上、今年よかった3曲です&オマケでした。

(たなかゆうじ)

|

« 【年末特別企画】サレジが選ぶ!今年はこの曲がよかった!ベスト3 | トップページ | 新年御挨拶 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448800/9614367

この記事へのトラックバック一覧です: 【年末特別企画】たなかゆうじが選ぶ!今年はこの曲がよかった!ベスト3:

« 【年末特別企画】サレジが選ぶ!今年はこの曲がよかった!ベスト3 | トップページ | 新年御挨拶 »