« Bekki (Surdo) (べっきー:スルド) | トップページ | ぼくのパゴーヂ »

2007年10月 6日 (土)

我々の奏でる音楽

こんばんは、いとぅです。                                                              10月に入り、すっかり秋になり、もうサンバのシーズンが終わったと思っているあなた。

そんなことはありません!

たしかに浅草サンバカーニバルやパレードは夏に盛り上がりを見せます。しかし我々が演奏するサンバは年中無休。むしろ寒空の下、打楽器を叩き、弦楽器を鳴らし、歌うことは非常に楽しいのです。

我々YNOが演奏するのはブラジル音楽「サンバ」の一種、パゴーヂ。                                    パゴーヂ(Pagode)とは・・・

1980年代に成立した数人編成で演奏するサンバのスタイル。年一度に行われるサンバ・カーニバルに対し、日常において歌われるサンバの事をいう。大規模なカーニバルのサンバに対して、パゴーヂの個人パーティー的で周囲の皆で共に合唱できる気軽さが受け、大流行している。(wikipedia「サンバ」より抜粋)

クラッシク音楽の中に大編成のオーケストラや小規模の室内楽・ソロの演奏があるように、サンバにも小編成の室内楽→パゴーヂがあるのです。もともとお酒を飲みながらサンバを楽しむために始まった音楽と言われており、特徴はなんといっても敷居の低さと手軽さ。

僕が新入生としてサークルに入ったときも、先輩方が楽器を持っていると所構わずパゴーヂが始まります。そこでサンバのサの字も知らない僕が見たものは、皆が各々のスタイルで音楽を楽しむ姿。知っている曲が始まり歌いだす人、ひたすら楽器を奏でる人、お箸でコップを叩く人、踊りだす人、手拍子、鼻歌フンフン・・・

「自分もこの音楽に参加したい・・・」

そう思って手を叩き出したらもう止まらない。

放課後の部室パゴーヂに始まり、飲み屋でパゴーヂ、飲み終わって公園でパゴーヂ。花見でパゴーヂ、キャンプでパゴーヂ、月夜にパゴーヂ、どこまでもパゴーヂ・・・。

飲み屋で酔って歌うようなものだから、演奏者や観客といった区分はないのです。例え知らない曲であってもその音が楽しければ、自分の手を叩いてみたり、足でリズムを取ってみたり、踊ってみたり、なんとなく鼻歌を歌ってみたり。

そうすればあなたも立派な共演者、パゴデイロです。

我々四ッ谷ニューオータニーズの演奏の際は、皆様もこの音楽を奏でる一員にぜひなって下さい♪

|

« Bekki (Surdo) (べっきー:スルド) | トップページ | ぼくのパゴーヂ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448800/8260808

この記事へのトラックバック一覧です: 我々の奏でる音楽:

» タブラ [今日の気になるニュース]
別に人をタブラかすわけではないのですが・・・ タブラgoo注目ワード ピックアップ・・・ 口タブラ(goo注目ワード)をご覧下さい トップに戻る 健康ホットニュースを見る [続きを読む]

受信: 2007年10月 6日 (土) 09時24分

« Bekki (Surdo) (べっきー:スルド) | トップページ | ぼくのパゴーヂ »