« Tanaka Yuji (Baixo) | トップページ | パンデイロとの馴初め »

2007年8月31日 (金)

のぺ

ICU(国際基督教大学)のラムズに練習に行っていた時の事、しばしば耳にした言葉が“のぺ”でした。ラムズにはダンサーさんがいて、彼らの特殊な足踏み、と言っても結局は普通の事なんですが、をのぺと言っていました。要は16分の細かいステップの事ですかね。でもそれをやっているダンサーさんは非常にかっこよかったし、個人的に踊る事に興味があったので、かっこいいダンサーさんに基本的な事を教えてもらいました。ラムズでちょっと練習したんですが、ちょっと違うとか、(踊ってる時の)顔がむかつくとか、そんなコメントしかもらえなくて正直嬉しかった。

さて、そんな“のぺ”を大学祭のメインステージで踊れたらどれだけもてるのだろうかと期待しつつ、youtubeで“のぺ”の研究をしようと思った訳です。!!!のぺってなんだ!!! 天才は思った。これはポルトガル語に違いない。しかも“no pe'”に違いねぇ。という事でyoutubeでno pe'で検索するとSAMBA NO PE'と出てきたのです。これを誤訳の天才が訳すと足(PE')における(NO)サンバになる。ふ~ん、当たり前の事だけど、no pe'のステップを教えてもらった時にふと思ったのがガンザの音というかリズムというか、中南米研究会でしばしば耳にする4つ打ちが出てきた。だから何でこんなステップをしなきゃいけない意味が分かった。

ダンサーは楽器を持っていないが足で4つ打ちを繰り出している。そしてSAMBAは細かいリズムの音楽なのですね。だから大体合ってる(リズムを大きく捕らえる)というのは多分非常にかっこ悪いのかもしれないと思いました。

(フクキタ)

|

« Tanaka Yuji (Baixo) | トップページ | パンデイロとの馴初め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448800/7749356

この記事へのトラックバック一覧です: のぺ:

« Tanaka Yuji (Baixo) | トップページ | パンデイロとの馴初め »